【調査結果】子どもと楽しみたい知育お菓子は?1位は「ねるねるねるね」!

【調査結果】子どもと楽しみたい知育お菓子は?

​ARINA株式会社が運営する幼児、小学生の親御さん向けの教育メディア「おうち教材の森」(https://naki-blog.com/study/)は、日本全国の中学生以下のお子さんをお持ちの親御さんを対象に「子どもと楽しみたい知育お菓子は?」とアンケート調査を実施しました。その結果を公表します。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:200人(10代:3人、20代:39人、30代:87人、40代:51人、50代:15人、60代以上:5人)
  • 調査主体:ARINA株式会社、おうち教材の森
  • 調査時期:2022年3月2日〜3月3日
  • 調査レポート:https://naki-blog.com/study/survey-report-23

*本アンケート結果を引用する場合は「おうち教材の森」のURL(https://naki-blog.com/study/)を使用してください。

調査結果

「子どもと楽しみたい知育お菓子は?」とアンケート調査した結果、1位は『ねるねるねるね』でした。

【調査結果】子どもと楽しみたい知育お菓子は?

1位:ねるねるねるね

  • 私自身が子供の頃に「ねるねるねるね」をよく買ってもらっていて、思い出深い商品であることが理由です。
  • 楽しめて美味しいのできっと子供も喜んでくれると思いました。
  • 私の小さい頃からあったお菓子で、私も幼稚園の頃親と一緒に作った記憶があり懐かしく思うから。
  • 自分も子供頃食べた物なので、子供と学びながら楽しみたいと思います。
  • 子供の頃よく遊んで楽しかったから。
  • こどもが小さい時は、よく一緒に、つくっていました。あまり複雑なのは作るのが大変なのでねるねるねるね位がちょうどいいです。

2位:手づくりアポロ

  • 楽しそう。
  • こどもがアポロを好きなので。
  • 作った後も美味しく食べれるお菓子だから。色んな形のチョコを作って、デコレーションするのは大人も楽しめるから。
  • アポロが大好きなので手作りで作ってみたい。
  • 誕生日のケーキに飾ってもいいし、バレンタインで作るのも楽しそうだから。
  • いちばんわかりやすそうなので。

3位:DIY CANDY KIT おかしでつくる枯山水 日本庭園

  • 作るのも食べるのも楽しめるから。
  • 日本庭園を造るのは見かけなかったし、和の心を育てそうだから。
  • 枯山水ができるのか気になります。やってみたいです。
  • 以前スーパーで見て非常に気になった知育菓子なので。
  • 今まで見たことがないが、難易度が高く大人向けな感じなので、子供と一緒に夢中になれそうなので。
  • 美術の勉強もできるから。

4位:ポッピンクッキン たのしいおすしやさん

  • 寿司が好きだからです。
  • ポッピンクッキンシリーズは大好きで、まだおすしやさんは利用したことがないので利用したい。
  • 子ども用お菓子と思えないくらい完成度が高く子どもともいっしょに親も楽しめそう。
  • お寿司が好きでよく食べに行きます。
  • イメージしやすいですし、ごっこ遊びなどに発展して楽しめると思うからです。
  • 実際に子どもと作ったことがあり、大変喜んでいたから。また、大人も楽しめるから。

5位:スーパーマリオメーカー2グミ

  • 子供がマリオが好きなので。
  • イマジネーションがふくらむ面白みがあるから。
  • 子供がスーパーマリオが好きなので。
  • スーパーマリオが好きだから。
  • つい先日マリオ大好きな息子がこのグミの存在を知って大騒ぎ

6位:ポッピンクッキン スイーツパーティー

  • 見た目がとても可愛くて子供と一緒に楽しく作れそうなので。
  • お祭りシリーズが楽しかったから。
  • 本格的だから。
  • ポッピンクッキン スイーツパーティーは、華やかで楽しそうだから。
  • 以前子供と作って楽しかったです。
  • 1回作って飽きることはなく、何回も作りたがり、上手に手際よくできるようになり親として感心しました。

7位:ポッピンクッキン ドーナツ

  • おいしいからです。
  • ドーナツが好きだから

【総括】子どもと楽しみたい知育お菓子1位は『ねるねるねるね』でした

1位の「ねるねるねるね」は1986年発売で元祖知育お菓子です。

2022年でも圧倒的な人気が続いており、混ぜるだけで色や形態が変化していくさまは大人になったいまも強く記憶に残っていることがわかりました。

その手軽さから幼児から楽しむことができ、初めての知育お菓子にもおすすめです。

また、知育お菓子のトレンドは「簡単にわかりやすい」から「クオリティ重視」の傾向へ移っているようです。

味も見た目も完成度の高いお菓子を求める声も多く集まりました。

ARINA株式会社は、運営するメディア「おうち教材の森」を通じて、1人でも多くの人が、より良い家庭学習環境を整えられるように、社会に貢献してまいります。

■ARINA株式会社について

ARINA株式会社は、“メディアを通じ子育てを豊かに”を企業のVisionに掲げ、皆様の生活に寄り添ったライフスタイルメディアの展開やオウンドメディアの受託事業を展開しております。

URL:https://arinna.co.jp/

〇教育に関する教材・知育玩具などの掲載依頼問い合わせ先

https://naki-blog.com/study/contact

※本記事はおうち教材の森(ドメイン所有者:ARINA株式会社)と提携する教材のPR情報を含んでおります。
※本記事に掲載している情報は、できる限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

※本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーを御覧ください。
※当社へのお問い合わせはメールにてお願いします。

コメント

コメントする