【調査結果】コロナ禍で子供が新たに始めたことは?1位は『ゲーム』!

コロナ禍で子供が新たに始めたことは?

ARINA株式会社が運営する幼児、小学生の親御さん向けの教育メディア「おうち教材の森」(https://naki-blog.com/study/)は、日本全国の中学生以下のお子さんをお持ちの親御さんを対象に「コロナ禍で子供が新たに始めたことは?」とアンケート調査を実施しました。その結果を公表します。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:200人(10代:3人、20代:34人、30代:83人、40代:59人、50代:17人、60代以上:4人)
  • 調査主体:ARINA株式会社、おうち教材の森
  • 調査時期:2022年3月2日
  • 調査レポート:https://naki-blog.com/study/survey-report-70

*本アンケート結果を引用する場合は「おうち教材の森」のURL(https://naki-blog.com/study/)を使用してください。

調査結果

「コロナ禍で子どもが新たに始めたことは?」とアンケート調査した結果、1位は『ゲーム』でした。

コロナ禍で子供が新たに始めたことは?

1位:ゲーム

  • 外出できない状況だからです。
  • 友達とオンラインゲームを楽しんでいます。
  • 外で遊べなくなって家でやるゲームが増えたから。
  • リングフィットアドベンチャーで運動不足に少しでも歯止めをかけたいと思っています。お友達と遊べる機会も減ったので、オンラインで一緒に遊んでいます。知育に役立つゲーム(もじぴったん)を増やしました。

2位:料理

  • 一緒に楽しめながら自分で何かを作り上げる達成感が楽しいから。
  • 保護者がするのを見て真似したがったから。
  • コロナ禍で家にいるうちに、ふと気づくと私の料理を見に来ています。野菜を切る、卵を割るなどの作業をやらせてみると案外楽しそうなので、その延長で目玉焼きなど簡単な料理を作るようになりました。
  • お昼を家で食べることが多くなったので一緒に作りました。

3位:お手伝い

  • おうち時間が多く、積極的に手伝ってくれるようになった。
  • 家にいてダラダラする習慣を少しでも改善させようとした。
  • 家事などできる範囲で一緒にお手伝いさせています。
  • 前はあまりお手伝いをしなかったのですがコロナ渦で一緒に料理をすることが多くなり自然と手伝うようになりました。

4位:植物を育てる

  • 家庭菜園を始めて、普段食べている野菜がどう育つか、育てて食べるという勉強として楽しみながらできるから。
  • 自然のものを取り入れると気持ちも元気になるから。
  • 変化がない毎日に常に成長を見せる植物を育てることで心を潤してほしいと思ったから。
  • 夏にトマトを育てて自分で世話をして収穫する楽しみを学んだから。
  • 日々の水やりが楽しいみたいです。

5位:ぬり絵

  • 準備が楽にできるから。
  • 最近ぬり絵ができるようになって、まだはみ出してしまうけど毎日楽しそうにぬっている。
  • 集中できて気に入ったようだから。
  • 家に居る時間に好んでやっているため。
  • 色の種類が豊富な色鉛筆を買ってあげると塗り絵にハマってます。
  • ゲームだと視力低下が怖いので、視力低下を阻止するためにぬり絵にしました。

6位:スポーツ

  • オリンピックの影響でスケボーを始めました。
  • YouTubeの宅トレ動画をみて、毎日ダンスをするようになりました。
  • コロナ過で遊ぶ機会が減り、運動不足になったので体操教室に通わせています。
  • 友人から誘われたことと、チーム競技なのでスポーツに決めました。
  • ダイエットになるから。
  • ずっと家の中で閉じこもっていたらよくないのでスポーツを始めました。

7位:資格取得

  • コロナのため資格取得の実習が少し緩くなったこともあり今のうちに取ろうとしています。
  • 在宅時間が増えたため。後々役立てられるものを身につけるため。

コロナ禍で子供が新たに始めたこと1位は『ゲーム』でした

外出自粛や休校など新型コロナウィルスは子どもたちの生活まで変えてしまいました。慣れない環境の中、子どもたちが新たに始めたことは「ゲーム」と「料理」でした。

自宅で過ごす時間に一人でも楽しめるテレビゲームやスマホゲームは、オンラインにすれば直接会えない友達や家族とも隣にいるような感覚で交流することができます。

同じく料理も、昼間一緒に過ごせない家族とも完成した料理を通じて会話が弾み、新たなよろこびを子ども達にもたらしてくれるでしょう。

長引く自粛で窮屈な日々が続いていますが、人とのコミュニケーションを大切に過ごしてほしいですね。

ARINA株式会社は、運営するメディア「おうち教材の森」を通じて、1人でも多くの人が、より良い家庭学習環境を整えられるように、社会に貢献してまいります。

■ARINA株式会社について

ARINA株式会社は、“メディアを通じ子育てを豊かに”を企業のVisionに掲げ、皆様の生活に寄り添ったライフスタイルメディアの展開やオウンドメディアの受託事業を展開しております。

会社HP:https://arinna.co.jp/

関連メディア:メロウ https://arinna.co.jp/mellow/

●おうち教材の森おこさんにぴったりの通信教育を比較レビューするメディアです

【通信教育教材の選び方】

幼児:https://naki-blog.com/study/category/preschool-education

小学生:https://naki-blog.com/study/elementary-school-inexpensive

中学生:https://naki-blog.com/study/middle-school-recommended

高校生:https://naki-blog.com/study/high-school

【通信教育のキャンペーン情報】

こどもちゃれんじ:https://naki-blog.com/study/challenge-campaign

進研ゼミ:https://naki-blog.com/study/shinkenzemi-campaign

ポピー:https://naki-blog.com/study/popy-campaign

スマイルゼミ:https://naki-blog.com/study/smile-zemi-campaign

Z会:https://naki-blog.com/study/zkai-campaign

〇教育に関する教材・知育玩具などの掲載依頼問い合わせ先

https://naki-blog.com/study/contact

※本記事はおうち教材の森(ドメイン所有者:ARINA株式会社)と提携する教材のPR情報を含んでおります。
※本記事に掲載している情報は、できる限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

※本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーを御覧ください。
※当社へのお問い合わせはメールにてお願いします。

コメント

コメントする