カテゴリー
なつき
研究者3児の父
特許出願30件以上の研究者。保育士の妻と3人の子どもを育ててます。世界の教育論文やビジネス経験を基に、学力と非認知能力を同時に育てていく方法を模索してます。
最近良かったキャンペーン

【はじめての方に推奨】LaQ(ラキュー)ボーナスセット2019のレビュー

知育おもちゃのラキュー(LaQ)を買おうか迷ってるけど、ラキューってどんなおもちゃ?たくさん種類があるけど、おすすめは?なにが人気?

リリのアイコン画像リリ
こんな疑問に、3年以上ラキューで子供を遊ばせてきた現役保育士が答えます!

実は、ラキューの種類は100種類以上あるんですが、「はじめて買うべきラキューは1つしかないんです!」私はそれを知らずに失敗しました。

結論を言うと、はじめての人におすすめは「ラキューボーナスセット2019」

この記事を読めば、「なぜボーナスセットなのか」、「ラキューって本当に良い知育おもちゃなの?」が分かります。

ぜひ、ぴったりのラキューを見つけて、お子さんに楽しい時間を作ってあげましょう!集中力と想像力を育てるのに最適です!

目次

はじめての方は「ラキューボーナスセット2019」の1択の理由

はじめての方は「ラキューボーナスセット2019」の1択の理由

はじめての方に「ボーナスセット2019」を、おすすめする理由は、2つあります。

  • 全商品の中で圧倒的に安い!
  • パーツが1200個も入って、子どもが遊びやすい!

おすすめ理由①全商品の中で圧倒的に安い!

ボーナスセット2019は、パーツが20%増量の限定商品。パーツ増量は、ラキュー商品の中でこれだけ。

だから、圧倒的にコスパが良い!。

基本パーツ価格1パーツの価格
ベーシック201350個2,650円7.6円
ベーシック401650個5,000円7.7円
ボーナスセット1200個7,300円6.1円
ベーシック14001400個12,000円8.5円
ベーシック1400 2400個16,000円6.7円

ラキュー商品の中で最もコスパが良いベーシックセットの比較です。その中でも、ボーナスセットは群を抜くコスパの良さ。

7,000円は高いので、ベーシック201あたりを買いたくなりますが(私は買いましたが・・・)、パーツが足りなくて、結局ボーナスセットを買うことになります(理由は後述)。

おすすめ理由②パーツがたくさん入っている!

はじめての方は「お試しで小さいの買ってみよう!」と思ってませんか?

リリのアイコン画像リリ
私は、はじめてラキューを買った時に、同じ思いで、小さいセットを買って失敗しました。

パーツが少ないと、子どもが遊ばない

はじめての方は、見本を見てラキューの作品を作ると思ってますが、実は見本を見ることは少ないです。

リリのアイコン画像リリ
たくさんのパーツから、子ども自身が想像して自由に作品を作ることが多いんです。

だから、パーツが少ないと、子ども達の創造性が働かず、あまり遊びません。我が子も、350個入りのセットは、1つの作品を作って飽きましたが、「ボーナスセット」を買ってからは、たくさん遊ぶようになりました。

パーツが少ないと、作った作品を壊さないと遊べない

せっかく作ったので、1ヶ月とか飾りたくなります。でも、パーツが少ないと壊さないと次の遊びができません。結果、遊ばなくなります。

リリのアイコン画像リリ
たった1回遊ぶためにラキューを買いたい訳じゃない!

パーツが多いと、友達や兄弟と一緒に遊べる

姉妹や友達が家に来るとラキューで遊ぶことが多いです。今まで、ラキュ-に食いつかなかった子は見たことがありません。

そして、作る作品が1人づつ違うのがラキューの面白いところ。それを見た娘は友達が帰った後に、友達の発想を取り入れながら、新たな作品を作ってます。

リリのアイコン画像リリ
刺激を受けて、想像力が育ってるな~と感じる一瞬です。

以上の理由から、ラキューはある程度パーツ数のある商品をはじめから買うほうが、経済的にもお得ですし、子どもの知育にも効果が出ます。

はじめての方が買ってはいけないラキュー商品

反対に、買ってはいけない商品をお伝えします。

色の種類が少ない商品

1色の商品や色が少ない商品があります。我が子を見てると、「このケーキはチョコレートケーキ」「ここはピンクにして、こっちは青」と、形だけじゃなく、色も工夫します。

お子さんの性格もあるかもしれませんが、友達の子を見てても、色にこだわる子が多い印象です。

つまり、形構成と色彩感覚の2つが育ちます。なので、色の種類はあった方が良いです。

パーツが500個以下の商品

作れる作品が非常に限られるので、子どもの想像力が伸びませんし、すぐに飽きます。100個以下の商品は絶対に辞めたほうが良いです。ある程度のパーツ数は必要。

ぷちまとめ

3年間ラキューで色んな子どもを遊ばせてきて、気づいたポイントでした。その結果、はじめての方におすすめするのは「ボーナスセット2019」の1つだけです。

「ラキューボーナスセット2019」の中身

「ラキューボーナスセット2019」の中身

ラキューボーナスセット2019のレビューです。

ボーナスセット2019の特徴
  • ラキュー商品の中で最もコスパが良い
  • パーツが1200個入りで、このセットだけで十分遊べる
  • 人気で毎年価格が高騰する

ボーナスセット2019の中身をご紹介

  • 作り方ガイド(43種類の作品見本)
  • 作り方ガイドミニ4枚(57種類の見本)
  • 1200個の通常パーツ
  • 10個のスペシャルパーツ
  • パーツリムーバー
  • 収納ケース

作り方ガイド

作り方ガイド
作り方ガイドの中身

ボーナスセットの作り方ガイド。これだけで、43種類の見本が載ってます。

説明書ガイド

作り方ガイドミニ。こちらも57種類、上のガイドと合わせて100種類も作れます!

リリのアイコン画像リリ
ボーナスセット2016買いましたが、3年遊んでも作りきれません!

基本パーツとジョイントパーツ

基本パーツとジョイントパーツ

1100個の基本パーツとジョイントパーツ。兄弟2人で遊ぶなら、十分な数で足りなくなることはないです。女の子にはパステルカラーが入ってるのがうれしい点です。

クリアパーツ

クリアパーツが100個。実はクリアパーツは希少。はじめて手に入れました!これでまた、新たな発想ができるね!

スペシャルパーツ

スペシャルパーツは、タイヤとかシャフトとかを言います。

スペシャルパーツ

ハマクロンミドルサイズホイールの限定色バージョンが入ってます。長女(6歳)と次女(2歳)も、購入直後は珍しがって遊びましたが、すぐ飽きました(笑)。でも、末っ子(1歳)が男の子なので、うれしい!

パーツリムーバー

パーツリムーバーが1つ。

ラキューを長くやってると、「作ったけど壊せない!」という場面に年1くらいで遭遇します。そんな時に活躍します!

収納ケース

収納ケース

ラキューで不満を1つ上げるとしたら、この収納ケース。正直しょぼい!高い商品なので、もうちょっと高級感を出してほしい。

いや、普通のケースでもいい。ってくらいしょぼいです。

リリのアイコン画像リリ
と、言いながら、2016年版を3年使えてるので、耐久性は問題なしです。

ラキューボーナスセット2019で作れるもの

次女のアイコン画像次女
私みたいな天才は、見本見てなんて作らないけどね!

と言わんばかりに、長女(6歳)も次女(2歳)も自由な発想で遊んでます。

ラキューのホームページから抜粋(つくれる見本)

こちらに示したのは、ほんの1例です。

ラキューのホームページから抜粋(つくれる見本)
ラキューのホームページから抜粋(つくれる見本)2
ラキューのホームページから抜粋(つくれる見本)3
Laq公式HPより引用

長女(6歳)が作った作品

長女(6歳)が作った作品

全てオリジナル作品です!ラキューを楽しむというよりは、ままごとの道具をラキューで作ることが多いです。

これからの時代に必要な創造性が養われるので、見本を見て作るより知育効果が高いと思ってます。

うさぎに人参

うさぎに人参を食べさせてます。あむあむ。

スマホを作った

スマホを作って、お友達に電話をかけるマネ。おままごとがラキューで進化していきます!

次女(2歳)が作った作品

2歳はさすがに1人では作品を作れませんので、補助します。

次女が作った作品

ラキューの良さは、パチンパチンとはめていく感覚が見事なこと。子どもが気持ち良くはめられて、2歳でも遊びが長続きします。

MEMO
指先を動かすことは、記憶力や運動能力の基となる大脳を発達させる効果があります。幼いうちから、指先を使うトレーニングをしましょう。
お花がたくさん

お父さんと一緒に作ったお花。幼児期は繰り返しが大好き!同じものをたくさん作りたがります。

リリのアイコン画像リリ
繰り替えしは、大人にとっては苦痛ですが、子どもが成長している証!

研究者パパ(30代)が作った作品

研究者パパ(30代)が作った作品

ただのブロックに見えますが。中が迷路になっています。

研究者パパ(30代)が作った作品のビー玉パーツ

ビー玉を入れて。

研究者パパ(30代)が作った作品のスペシャルパーツ

中の迷路を通って、ゴールからビー玉を出すゲーム。知育おもちゃのラキューで、知育おもちゃを作る!

将棋の藤井聡太さんが幼い頃、迷路を作る遊びをしていた。というとこからヒントを得ました。

ラキューボーナスセット2019のデメリット

失敗してほしくないので、正直にデメリットを挙げます!

クリアパーツが少ない

通常パーツが各色100個づつ入ってるのに、クリアパーツは各色25個です。クリアパーツだけで作品を作ろうとすると足りません。もうちょっと欲しかったです。

おもちゃに7000円は気が引ける

はじめての方にとって、1番のデメリットは価格。

3年前、ボーナスセットを買うのに、「おもちゃに7000円ってちょっと・・・」と悩みました。それはもう、1ヶ月くらい悩みました(笑)。

みなさんも悩んで当然だと思います。

ナツキのアイコン画像ナツキ
でも、思い切って買った結果、とても満足してます!

最悪、遊ばなかったらメルカリで売りましょう。

相場を見ると、3年前のボーナスセットは4000円くらいで売れそうです!つまり、3000円(7000円ー4000円)で3年間知育できる計算(笑)

ラキューは流行り廃りが少ないので、型落ちでも値段が下がりません!

ラキューを迷ってる友人から、良くある質問

ラキューを迷ってる友人から、良くある質問

遊ばなかったらどうしよう?⇒「遊ばない子は見たことない」

我が子と、友達の子ども、男の子、女の子を見ても遊ばなかった子はいないので、全く遊ばないという心配はないです。

ただ、5歳くらいまでは親も一緒に遊んだほうが楽しく遊べます!

https://twitter.com/anonenone0425/status/1201808551947075584

何歳から遊べるの?⇒「2歳から大人まで」

次女は2歳からパチパチ遊んでます。私も一緒に遊ぶと夢中になるので、2歳から大人まで遊べます。

知育効果はある?⇒「集中力と想像力が伸びたよ!」

私は知育おもちゃマニアです(笑)。その中でもラキューはとても良い知育おもちゃです。

  • 子どもが夢中になって1時間以上集中(集中力)
  • 自由な発想で組み立て(想像力)
  • 立体を作ることで図形脳を鍛えられる
  • 多彩な色で色彩感覚を養える
  • 作品ができたら達成感を得られる

人の脳は3歳までに90%が完成すると言われ、5歳までの幼児教育が重要だというのが、世界では常識です。ラキューに限らず、小さい頃にたくさんの刺激を与えて、子どもを育てましょう!

ラキューで遊ぶときの注意点は?⇒誤飲に注意

小さいお子さんがいる場合は誤飲に注意です。しっかり片付けましょう!

ラキューって日本製?⇒世界に認められた日本製

日本のヨシリツ株式会社が製造販売してます。世界28カ国に輸出されている、日本を代表する知育おもちゃです。

そして、海外で数々の賞を取ってます。

ラキューって日本製?⇒世界に認められた日本製
laq公式HPより引用
表彰の数々
laq公式HPより引用
リリのアイコン画像リリ
最高の知育おもちゃだと、世界からも認められてますね!

ボーナスセット2019のお得な購入方法はない!

ボーナスセット2019のお得な購入方法はない!

お得な方法はありません!3年間ラキューを見続けてきましたが、安くなりません!1度もです!ヨシリツ社の方針みたいです。

いつ買っても同じ値段ですので、購入を迷っているなら早く買いましょう。なぜなら、子どもは日々成長してしまうから。

とにかく早く買うことがお得につながる

ラキューのボーナスセットは毎年11月くらいに、数量限定在庫限りで発売します。

そして、毎年価格が定価より高騰します。調査すると2019年12月現在、下記のように価格が上がってます。

2019年度版2016年版2017年版2018年版
価格7,300円12,500円14,000円10,780円
リリのアイコン画像リリ
型落ちなのに価格が上がるなんて、相当人気なんだね。

だから、購入するなら、子どもの知育の観点でも、経済的な観点でも、早く買うことです。

以上、ラキューをはじめて買う人向けの記事でした。素晴らしい知育おもちゃですので、ぜひラキューを使って、お子さんを成長させましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる