運営者情報

「おうち教材の森」へようこそ!

このサイトは、幼児教育(主に通信教育教材)についてまとめてます。

フルタイム共働き、子ども3人の夫婦がヒーヒー言いながら子育ての合間に書いてます。常に眠いです・・・

それでも、私達が勉強したり学んだりしたことが、みなさんのお役に立てるかなと思って書いてます。ちょっとでも日本の教育が良くなればという思いです。

タップできる目次

「お教材の森」のコンセプト

「お教材の森」のコンセプト

1人1人に合った幼児教材を提案する

そのために意識していることは、

「おすすめ」じゃなくて「ぴったり」の教材を提案する

この教材がおすすめ」ってサイトが多いですが、このサイトでは「お子さんの成長状況、学習状況」に合わせて「どの教材がおすすめ」かを意識してます。

例えばZ会は良い教材ですが、お勉強の習慣がついてないと難しいので、そんな人には勧めません。

自分で使った教材を紹介する

記事を見れば分かリますが、必ず教材の写真を入れてます。実際に使った教材をレビューします。子どもが3人いるので、色んな教材を試してます。

悪い点も必ず書く

どんな教材も向き不向きがあって、万人にぴったりではありません。なので、必ず「こんな人には向いてないよ」と書くように心がけてます。

書いている人

profile

研究者の「なつき」、保育士の「りり」の2人で書いてます。夫婦です。

子どもは3人、2姫1太郎。共働きなので、毎日戦争です・・・

なつきプロフィール

超貧乏家庭で育ち、借金(奨学金)まみれで大学をなんとか卒業し、現在、東証1部企業の研究者。研究者と言っても、企業なので研究者とエンジニアの中間くらいのお仕事です。特許を30件以上出願していて、よく社内でも表彰されています。何が言いたいかと言うと、0→1の新しいことが得意ってこと。「知識」より「考える力」を重視してます。

りりプロフィール

保育士資格保有(国家資格)、経験17年。子どもと接しているうちに、「もっと子どものことを勉強して、よい保育をしたい!」と感じ、在職中に通信性大学で神経心理学を学びました。「やらせる」じゃなくて子どものやりたいことを「ひろげる」を意識してます。

このサイトの情報ソース

サイトの情報源

「なつき」と「りり」の知見、経験を基に書いてます。

「なつき」は育児本50冊以上、海外の教育論文200報以上を読んでおり、古くからある日本の教育ではなく、研究データに裏付けされた世界標準の子育てを強く意識してます。

例えば、OECDが出している2030年に活躍するためのスキル( Education2030 )や非認知能力で有名なジェームス・ヘックマン(ノーベル賞受賞者)を参考にしてます。

「りり」は17年間1000人以上の子どもを保育してきた経験から、実践的な子育てを強く意識しています。

その他、信頼している団体、人物のリンクを載せておきます。

教育に力を入れている成果

教育に力を入れている成果

世間で言う英才教育、先取り学習はしてません。子どもの自主性を育み、お勉強が楽しいものだと教えることに注力してます。そもそも、共働きで忙しくてお勉強を見る暇がありません・・・

でもその結果、

  • 2歳で絵本朗読
  • 4歳でひらがな、カタカナ
  • 6歳でかけ算、割り算

これを「自分から覚えたい」といって勝手に覚えていきました。

やっぱり、やる気を育てることが大事ですね。

変化の大きい時代、大人になっても学んでいく力(リカレント教育)が重要。だからこそ、「知識」ではなく、「学ぶ楽しさ」「好奇心」を育むことが大事だと考えています(もちろん知識も大事です)。

運営者情報

商号:なきらぼ
住所:愛知県春日井市
設立:2019年9月

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。
タップできる目次
閉じる